中国語
     ホーム  >  製品&サービス
関連リンク
お問い合わせ
  • 当社へのお問い合わせ
  •  
    このコンテンツについて
  • 利用条件
  • 個人情報保護方針
  •  

    メール監査と暗号化で高度なメール誤送信防止

    顧客利益

    簡単・確実にメールを暗号化!

    メール本文や添付ファイルを自動的にメール監査!

    容易な導入!

    概要

    • 情報漏えい事故の流出経路の第2位*1が電子メールによるものと報告されています。メール誤送信対策(宛先確認ミス、操作ミス、うっかりミス等が原因)は、従来から導入が容易ではなく、運用の煩雑化などが起因して、利用者や運用管理者に大幅な負担をかけていました。


    • ゲートウェイ型メール暗号化FENCE-Mail For Gatewayを導入することで、メール送信時にメールは自動的に監査され、企業ルールに準じたメールのみ社外へ発信。メール本文や添付ファイルは自動的にパスワード付き暗号化形式に変換されます。


    • これにより、確実にメールの情報漏えい対策を実現できます。

    本ソリューションの特徴

      簡単・確実に暗号化
    • メール本文/添付ファイルを自動的に暗号化、利用者に負担をかけず確実に対策可能
    • \
    • パスワード付きZIP形式など複数のセキュリティ手段をメールごとに変更可能。


    • メール本文や添付ファイルを自動的にメール監査
    • 設定したメール監査ルールに則し、メールの本文や添付ファイル中の機密情報、個人情報関連の語句を自動的に検査可能
    • メール監査ルールに一致したメールを一旦保留し、承認されたメールだけを送信可能。 (承認者は、メール監査ルールごとに送信者もしくは上長を指定可能)


    • 容易な導入
    • ゲートウェイ型の専用サーバで実現するため、メール送信環境の更新(PCの入れ替えや増加)に伴うクライアントソフトの導入や管理が不要
    • 送信者側にFENCE-Mailサーバを設置するだけ。公開鍵証明書などのシステム導入は一切不要

    機能一覧

      メール監査機能
    • メールを検査し、送信ルールに合致したメールを制御することで、社外に発信する情報を適切にコントロールできます。
    • 条件に合致したメールを保留、誤送信に気付いた場合は削除が可能。
    • 送信者や上長などの管理者へ承認依頼、承認されたメールのみを配信。


    • メール暗号機能
    • メール本文/添付ファイルを自動でパスワード付きの暗号化ファイルに変換します。 受信先ごとに暗号化方式を指定した暗号化ルールを事前登録。暗号化ルールに基づいて、メール本文/添付ファイルは自動的にパスワード付きの暗号化ファイルに変換されます。
    • 暗号化ファイルは、FENCE-Mailがランダムなパスワードを自動設定。設定されたパスワードは、送信者へ自動通知。